健康な自然食<漢方食材・雑穀米おにぎり>というこだわりのおにぎり屋さん『みれっと』。景観条例の厳しい地域のため、
色、庇の出等の制約を考慮に入れつつ、お店のコンセプトをお客様と共に明確化し、設計、施工いたしました。 
(「みれっと」とは雑穀という意味)。

一定した明確なコンセプトのあるお店は雰囲気のよさが漂い、それは来店するお客様にもダイレクトに伝わります。お客様(クライアント)のご要望、コンセプト、営業スタイル、これらが一致して初めてトータルに完成されたお店となるのです。

まずはどのような雰囲気のお店にしたいかをヒアリングし、カラー、テーマを決定します。その上で、最大限に効率をはかり、採算に乗せることのできる設計を心がけました。お客様が来店された瞬間、そのハートをがっちり掴むためのインパクトや心地よく過ごせる空間づくり、従業員が働きやすい導線を考慮しながらプランを立てました。

「鐘つき塔」の鐘の音がお店の雰囲気と融合し、味わい深い暖かな空間を演出します。奥には地域、又、同じ趣味の人々が集まることのできる小さな和空間があり、茶席としても使えます。 工事中より通る人々の関心を引き、オープンが楽しみというお声をたくさん頂きました。

 


現場墨出しはお客様に臨場感を与える大切なものです。

工事のお知らせと挨拶回り。

工事中。現場でサンプルの色や素材を確認します。

 

事務所でサンプル検討中。現場で再確認。垂木は知人お奨めの北山杉の垂木40Φ。
(Φ:ファイ=直径)


飾り棚小口、上り框、洗面所の鏡枠等に
加工して高級感を演出しました。

 


椅子張地のカラースキーム検討中、椅子の張地により
店の雰囲気が変わるので充分に検討。

暖簾用ロゴ文字作成、暖簾も手創りです。

モルタル床にタイルチップを埋め込みました。

 


【写真左】カウンター椅子を検討中に岐阜高山キタニさんの
ショールームへ伺った折、おにぎりイメージでお客様にその場
で画像を送信して了解いただき即決。専用のお盆を載せると
テーブルにもなります。

【写真上】季節の良い時は硝子扉をオープンにして店内は
デッキと繋がり、野点傘や椅子を設置して外部で飲食する
ことも可能です。